FC2ブログ
アクセスランキング
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーで知り合ったホステスとアナルセックス

kage

2018/01/23 (Tue)



いつもよく行くススキノのバーに飲みに行った時。
当時ススキノでバイトしてて仕事帰りにいつも一人で行く馴染みの店だった。

もう時間は午前3時を回っている。
いつものようにカウンターに座る俺。
隣には年の頃20代後半と思われる綺麗系のお姉さまが2人で飲んでる。

一人は白黒のシャネルのスーツでもう一人は淡いピンクのワンピース。
どっちも結構美形っていうかなんとなく男好きのする顔立ちだった。

気になってマスターにこっそり聞くと同じくススキノで働く飲み屋のお姉さまとのこと。
なんでも座って3万とかいう高級クラブのホステスらしく、まだそんな店を経験したことの無かった俺は安いバーで飲んでいるにもかかわらず高級クラブで飲んでいる気分に。

そんな妄想で一人舞い上がっていると突然お姉さま(ピンクの方)が 「あ~、このおにぃちゃん何か見たことあるんだよねぇ」とこちらを指して笑う。

白黒「えー、どれどれ~。ホントだ!」
ピンク「でしょ、おにぃちゃんよくNIKKAの前でビラ配ってるでしょ?」(笑)
※ススキノの角にNIKKAのおっさんの顔が付いてるビルがある。
俺「あっ、そうですけど。覚えててくれてるんですね」(照)

ピンク「そりゃそうだよ、こっちはお客さんの顔覚えるのが商売だからねぇ」
(お客さんじゃないっすけどw)
白黒「でもあんたもよく覚えてるよねぇ(笑)ビラなんて配ってても手に取ったこともないじゃんかぁ。」
俺「そうなんっすか?光栄でっす!」

と、普段は話すことなんか出来ない綺麗なお姉さまと話しが出来、しかも自分のことを知っていてくれていることに多少なりとも感動を覚えたのでした。

助けたフィリピン人に誘われてエッチ

kage

2018/01/13 (Sat)



10年位前の冬の話。
当時まだ独身で、俺的にテレクラにハマっていた。
その日も仕事が終わっていそいそとテレクラに、アポとったんだけど、結局スッポカシ。
時間も23時過ぎていたんで、店に戻っても無理かなとか思いつつ、なんとなく諦めきれなくて車で街を流してた。

当時まだ、“公衆電話で待ち合わせ横取りゲット”とか、美味しい目もたまにあったので、とりあえず、電話ポイント、待ち合わせポイントを巡回。
何ヶ所か回ったけど誰もいないので、そろそろ諦めて帰ろうかと思って最後のポイントへ。

と、電話ボックスの脇で階段に座って下を向いてるスタイルの良さそうなおねーちゃん発見。
慌てて車を寄せて駆け寄って、「大丈夫?」って声掛けたんだ。

彼女は、顔を手で隠しているようだったんで、(泥酔してる女?お持ち帰り出来るかな?しめしめ)などと下心爆発。

でも何か様子が変。
肩が震えてる。

地雷女か?

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。