FC2ブログ
アクセスランキング
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

「ワー、ビショビショじゃない」 映画館で寝てたら男性二人に触られて、その後ホテルで3P

kage

2018/02/18 (Sun)



34歳の専業主婦、子供は5歳の女の子が1人いる平凡な家庭です。
こんな生活の中ですごい体験をした事を誰かに話したくて告白します。

友達の妹の結婚式に呼ばれ、周りには知り合いも居なかったので、初対面の方のお酒の勧めを弱いのに付き合わされて久しぶりに酔ってしまいました。

お開きになり、挨拶をして外に出ましたが、お酒に弱い私の症状で眠くなってしまい、ひと休み出来る場所を考え映画館に入りました。
新しい映画館でシートも良く、一番後の席に座りました。
時間的に3時でしたから客もまばらで、洋画でしたが内容はどうでも良かったのですぐに眠ってしまいました。
どれくらい寝たかは不明ですが、誰かの気配に薄っすらと目を覚ますと両サイドに男性が座っていて、ブラウスのボタンは外され、手がブラの中にあり、スカートも上まで捲れて足の付け根付近に手が・・・。

「あっ」と声を出そうとした瞬間、口を塞がれ、耳元で「悪い事はしないから愉しみましょう」と言われたんです。

おっぱいや恥部がモロ見え状態。ドイツのサウナは混浴だった。

kage

2018/02/15 (Thu)



夫婦で海外旅行に行きました

子供が生まれたら当分外国なんていけない

海外に旅行するなら今のうちと!
奮発してヨーロッパに行った時の
ちょっとHな体験です


それは南ドイツのバーデンバーデンという都
市に滞在した時、夫はシュツットガルトのポルシェ博物館へ、
私は近くのサウナに行く事になりました。

思い出すと体が熱くなります。手術前日、パイパンにされ、全裸で男の先生に検査を受けました。

kage

2018/02/13 (Tue)



3歳になる娘を出産したときの事です。定期診察で子宮口が開いている、と診察され、何日か入院し、縫合する必要があると、言われました。

1週間後、手術の前日の午後、入院し、ベッドでテレビを見ていると看護婦さんがやってきて、別室に案内され、「除毛しますのでお願いします」と言います。

お腹を切る手術ではないのにナゼと思いましたが、言われるまま下着を脱ぎました、たぶん周りだけだろうと思いましたが、思春期の頃より慣れ親しんだヘアを全部、きれいに剃ってしまいました。
主人には、話しましたが、とても見せられるものではありません手術の当日、看護婦さんが、二人で移動式のベッドを部屋に運んできました。

オマンコぐしょぐしょ。女教師の妻が教え子たちに凌辱されてしまった。

kage

2018/02/13 (Tue)



私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、くぐもったような女の声が聞こえてきた。

「裕子、どうした。」

札幌で出会い系を使って女性3人をひっかけ、みんなで乱交

kage

2018/02/12 (Mon)



先月の話なんだけどいつもの飲み仲間3人で北海道に旅行に行ったんだ。

北海道ははじめてだったんだけど、やっぱ北海道の食べ物っておいしいね。

もう食べて飲んでベロベロになっちゃいました。

そんで夜の札幌の街で遊ぼうって話になったんだけど、どうせなら素人さんと出会いたいってことで北海道ですぐに使える出会いサイトに登録して検索してみたんです。

そしたら今すぐ会えるっていう人妻さんがいたんで声かけてみたら今夜は旦那が出張ってことですぐに会えるらしくて、しかも友達2人を連れて3人で行くよ~って言ってくれたんです。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.