FC2ブログ
アクセスランキング
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

幼馴染の男性が寝ている隙にフェラチオをしてみたら

kage

2018/02/07 (Wed)



大学四年の夏休みに東京で一人暮らししてる幼なじみの部屋に泊まりました。
小さい頃は、女の子の方が成長が早かったから、昔から彼にはお姉さんの様な接し方をしてきました。
お互いに恋人がいたから、その時も昔と変わらず気兼ねなく過ごすつもりでした。
彼がベッドに寝て、私は床に布団を引いてもらいました。
暑かったのでタオルケットにトランクスで彼はベッドに入りました。

互いが風呂から上がった後、灯りを豆球にした状態で話していたのですが、次第に彼の返事が空ろになり始め、しばらくして彼は完全に寝てしまいました。
私も観光で疲れていたので、うとうとと眠りに入りました。
しばらくして、暑さで私は起きてしまいました。
暑かったのでクーラーを付けさせてもらおうとしましたが、リモコンがどこにあるか解らなかった為、仕方なく目がなれるまで待ちました。

幼馴染の下着をパクった

kage

2018/01/06 (Sat)



近所に住んでる幼馴染の洋子は、幼稚園からの付き合いでよくお互いの家を行き来する間柄。
厨房の時、いつものように洋子の家にお邪魔してた。
洋子の部屋で、喋っていると洋子が母親に呼ばれ部屋を出て行くと俺は、タンスを開け洋子の下着をパクった。
翌日、学校で洋子が俺の耳元で、「下着取ったでしょ」と言って来た。
ドキッ!としながら「えっ?さぁ?」ととぼけると、
「もぉ、あれお気に入りなんだから・・・下着なんかなんで興味あるのかなぁ?」
そういいながら教室に帰って行った。
夕方、下着を持って洋子の家に行くとおばさんは留守で、洋子だけだった。
「いらっしゃい」と洋子が玄関を開けてくれて部屋に上がった。
ポケットから下着を出し洋子に返すと、「もぉ、エッチ、でも返してくれたから、これならあげる他の女性の取っちゃダメよ」と
下着を渡された。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.