FC2ブログ
アクセスランキング
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

未入居物件で昼間からエッチをした不動産営業の二人

kage

2018/02/12 (Mon)



俺、昔不動産賃貸の仕事やってたのな。
んで、やっぱり友達の部屋を探してあげたりとかもちょくちょくあったのよ。
そんな中にかおりって子がいたのよ。高校時代の同級生だったんだけど、社会人になってから親元離れたいって言って
でもあんまり予算が無いから安くていいとこ紹介してくれって感じで。
まぁホントに予算が『それなり』だったから、やっぱり『それなり』の物件になったのな。
小奇麗なんだけど知る人ぞ知る壁の薄いトコ。まぁわかる奴はわかるw

もちろん最初に『壁ちょと薄いからな。いいか?』って聞いておいたけどな。
あんまり贅沢言えないからいいよ、とのことだった。
まぁその時は別に問題なかったんだが・・・。
半年以上過ぎてからか、かおりの隣の部屋が退去して空室になった。
ちょうどその頃新人さんが入ってきて、勉強のために部屋を一緒に見せてあげてた。
“物確”っていうんだが、たまたまその日はそのコーポの鍵が店にあったので見せてあげる事に。

行く途中に『この部屋の隣、俺の女友達なんだぜ~』とか会話しながらな。
まぁそんなこんなで部屋まで着いたわけよ。へぇ~、綺麗なトコじゃないですかぁ、と新人さん。
『まぁな。でもこのシリーズは壁薄いから気をつけろよ、色々とな(w』
とか言いながら部屋に入っていったら、隣の部屋から声が。
『あ、だめ・・・。んぅぅ、すごい・・・』
おいおいおいおいおいおい!!

巨乳な保険セールスの対応をしていたら我慢ができなくなって、そのままセックス

kage

2018/02/11 (Sun)



いつもは俺がいない昼間に来ている生保の営業なんだが。
あったのは俺が休みの日に契約に来たとき2~3回くらい。
30代前半の背が高めでむっちりとした、でもデブじゃない巨乳。

で、たまたま平日に俺が風邪ひいて仕事休んでて、嫁が娘の学校行事でいないときに巡回?っていうの?でやってきたので上がらせてお茶を出した。
とりとめのない話から保険の話になったんだが、商品説明受けるうちに横に座ってた。
しばらく説明を聞いていたが、パッと横を向くと巨乳があって・・・
俺も熱があってちょっとボーっとしてたもんだから勢いでww

会社を一緒にクビになった女子社員と朝までエッチ

kage

2018/02/06 (Tue)



一年前までいた会社は気まぐれワンマン社長の所有物。

ちょっと勘に触るような言動のあった社員はすぐにクビ切られた。

給料だって悪いから切られる前に辞めて行くのもザラで、

常に人が入れ替わっていた。新入社員もすぐ辞めてしまうし。





かくいう俺も2年ちょっとで切られたんだが、

その時にまだ入社3ヶ月ぐらいだった新入社員のA子もクビになった。

A子は23,4だった筈。身長155程度で細身、細面。

髪はセミロングで明るめにしてた。

化粧なんかも派手目でお水っぽい雰囲気。

タレントにたとえるなら、小島奈津子アナみたいな感じ。



今まで精液を飲むのを拒んできた私だけど、彼の精液だけは飲みたいのです

kage

2018/01/31 (Wed)



私(30歳)がパート先の社員と不倫をしていた時の思い出です。

彼(32歳)は派遣先の企業で東京本社から転勤で来ている私と同じ既婚者。

いわゆるW不倫です。

初めて会った時からお互い気が合い、友達として数回、私の旦那とも一緒に会っていたのですが、自然にお互い求めるままこのような関係になって1年が経過した時の事です。

その日はパートを休み、彼も休みを取ってくれて二人で日帰り温泉に行きました。

娘には厳しいのに、義母はとんでもない痴女で淫乱おばさん

kage

2018/01/24 (Wed)



妻との結婚は付き合い始めて4年目に婚姻届を上げ、挙式をあげた

妻の実家は厳しくて、泊まりとかなかなか出来なかった

それである日、旅行に行こう、と誘ったら母がうるさいからといってカモフラージュに自分の女友達も一緒に連れて行くならというので、3人で1泊旅行に。


帰宅してから義母さんから、ちょっと話があるから着てほしいというので彼女の自宅に出向いた、

お義母さんは早くに結婚して妻をうんだので、当時まだ42歳。

小柄で、少しぽっちゃりして、胸も結構大きい、顔も整った顔立ちで目が大きくてカワイイ感じの童顔熟女。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.