FC2ブログ
アクセスランキング
2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔った勢いも有り、愛する妻を友人に貸し出してしまいました…

kage

2018/03/31 (Sat)



私は愛する妻の美幸(仮名)を、酔った勢いも有り、友人に貸し出してしまいました…

美幸は私の目の前で友人に下から激しく突き上げられました。

私の物よりも一段と大きい一物が美幸を狂わせています。

友人の高速ピストンは秒間5回以上の早さです。

もう千回以上掻き回されています。

美幸は大股を開かされて私の目の前でメチャクチャにされています。

美幸は「あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・・あ・・・・」と痙攣しながら逝き狂っていました…

研修先で知り合った男性に処女を捧げた話

kage

2018/03/26 (Mon)



23歳のときのことです。
長期の研修が東京で開催され、私はそれに参加しました。
研修は、全国から同業者が集い、仕事の内容や問題点について皆で話し合い、検討し、学んでいくというもの。
経験も浅く、(もう大人なのに)人見知りもする私は、皆に着いていくだけでいっぱいいっぱいでした。

それでも数日が過ぎ、何度か皆で一緒にお酒も飲み、ようやく少しリラックスし始めたころ、同じチームだったRさんという人に誘われて彼の部屋で飲むことになりました。

最初はお互い少しぎこちなかったのですが、強めのお酒(Rさんの街の地酒でした)を飲みながら仕事のこと、職場のこと、将来の夢の話、好きな芸能人の話、そんなたわいの無い話をしているうちに、緊張もほぐれてきました。

…そんな風に和気あいあいと話していたにもかかわらず、私の頭の中は、いやらしいことでいっぱいだったんです。

こんな可愛い子もネットで知り合った男と簡単にエッチしちゃうんだなぁ~

kage

2018/03/21 (Wed)



俺は27歳の自営業で、割合時間が自由に使える。
それで、色んなSNSサイトや出会い系でナンパしてたんだけど、一回だけモデルとエッチした事がある。
と言っても、通称読モの読者モデルだけど。

相手は20歳の女子大生で、スタイルも良くてナイスバディだった。
最初はメールで10回程やり取り、電話5回ぐらい話して、写メ交換しようとしたら、実際に会った時の楽しみが減るので、したくないとのこと。
俺も、同意。
電話すればだいたい分かる。
俺の経験だと、“中”は絶対にあると確信。

親友同士でスワッピングした経験

kage

2018/03/12 (Mon)



スペック



B(女):顔はガッキー激似で本人を程よく肉付けした感じ Fカップ 以下ガッキー

C(男):私の彼氏 ふつめん 以下ふつめん

D(男):Bの彼氏 浅尾?っていうプロ野球選手に似てるらしい 以下浅尾

ちなみに今は全員大学生親友です




きっかけは高3のクリスマスに浅尾の家でパーティした日でした

4人とも異常に仲が良かったのでそれぞれカップルで過ごすというより4人で集まるという風に自然なってました

その日浅尾の家族は みな泊りがけで出かけていたので貸切状態でした

クリパは終盤に差し掛かってきて、みんながダラーっとしてる時に突然浅尾が

浅尾「よっしゃー!!!!ふつめん脱ぐぞ!!!」

ふつめん「え?wwwえ?wwwよっしゃああ!!!」

といった感じでふたりとも全裸になりました

突然脱ぎだすことは何回かあったので さほど驚きもせず私とガッキーは笑ってました




勢いでやっちゃったがどうしたものか…

kage

2018/03/09 (Fri)



当時、心の底から惚れていた彼女に振られてしまった俺は、思いっきり彼女に未練が残ってしまい、恋愛なんかとてもできない状況になっていました。



振られて半年後くらいの頃です。

その頃よく遊びに行っていた年上の女性、Tさんと飲みに行くことになりました。

Tさんは自分より6歳上で、昔通っていた語学学校で知り合いました。

お互いに気疲れしないというか、ウマが合う関係で何度か二人だけで出かけたり彼女の家に遊びに行った事がありました。



年上ですが、頼れる部分とちょっと抜けている部分のバランスが絶妙で、一緒にいると結構大ボケをかましてくれたりして萌えたりもしていました。

とはいえ、特に恋愛感情があったわけではなかったので、それまでは何もありませんでした。



その日二人で飲みに行くきっかけは、彼女が「『ホッピー』を飲んでみたい」と言ったことでした。

普段お洒落なところで飲む機会の多かった彼女は、場末の安酒場に入ったことがありません。
酒好きの俺は若い頃から酒場の守備範囲が広かったので、それならばと言うことで新橋の安酒場に行くことを計画しました。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。