FC2ブログ
アクセスランキング
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それから私は半年間痴漢達のおもちゃにされていました

kage

2018/01/28 (Sun)



私は29才の主婦です。
結婚して、3年が経ちますが、 子供もまだいないので、独身の頃から、勤めている会社に今も行っています。

半年前に引っ越しをして通勤は、あの有名な満員電車で通うことになりました。
電車にのると、当たり前のように、お尻を触られます。
私は身長が151しかないので、背の高い人に後ろから、触られると、周りからは、私が隠れてしまい、誰も気づいてくれず、痴漢の人達は、自由に触っています。
もちろん、抵抗したいと、思っているのですが、怖くなってしまって、声も出せません。
いつも、駅に着くまで、じっとガマンしてました、でも、それがいけなかったのです。

マッサージ師に開発されてしまった妻

kage

2018/01/09 (Tue)



妻と私は共に29歳。
妻が他の男に抱かれているところを見てみたいという欲求が、いつ頃からか生まれていた私は、手始めに性感マッサージに目をつけていた。
「私以外の男とするなんてもってのほか」という妻を説得するきっかけにしたかったのだ。
妻は最初は渋ったが、普通のマッサージ(女性向けとだけ伝えて)だからといって、説得に成功した。
ホームページを検索してマッサージの依頼先を見つけたのだが、そのマッサージ院は普通の出張マッサージも行なっているところでもあり、信頼できそうだった為、そのマッサージ院に決定した。
マッサージ師には、メールで、自然な流れで性感にもっていってもらえればと伝えていた。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。