FC2ブログ
アクセスランキング
2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

カテゴリ:未分類 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元の不良に母親が犯されているのを見てしまった

kage

2018/03/02 (Fri)



僕は、大学1年生です。
母が犯されるのを見てしまいました。
母は、真由美、41歳です。
元スチュワーデスで僕が言うのも変ですが松坂慶子に似ていて美人です。
父は、海外赴任をしています。
当時僕は、地元の不良たちからいじめを毎日のように遭っていました。
ある日、母と買い物の途中、地元の不良のリーダー弘樹に会ってしまいました。
弘樹は、母に丁寧に挨拶をすると僕に「困ったことがあったら電話して来いよ」と
携帯の電話番号を書いた紙を渡しました。
母は、僕がいじめに遭っているのを知っていたので、弘樹のことをいろいろと聞いてきました。
数日後、弘樹にばったり会った時に、
「おまえの母ちゃんから電話あったぜ、水曜日に話するからよ。でもいい女だ..
水曜日は遅くかえって来いよ。そうしたら助けてやるよ、
分かったな、さもないと..」と脅かされました。
僕はとても気になり、水曜日、普通通り家を出て大学に行かずに、
近くで弘樹が来るのを待ちました。

人妻へのマッサージ。手で口元を塞いで感じていることを必死で隠しながらもパンツはびしょ濡れ。

kage

2018/02/26 (Mon)



当時僕は大学生でした。
大学生ではありますが、僕の住む地域は大規模な観光地であり、週末や夏休みはマッサージのバイトをやらされていました。
シーズンともなるとマッサージの人手が足りなくなり、20歳前後でマッサージのバイトをしている(やらされている?)人は多いのです。
人の身体に触れる仕事ですので最初は抵抗がありましたが、親の手伝いということで始めました。

お客さんも僕がマッサージに行くとびっくりされていました。
しかし、経験を積むにあたって技術も高まり、お客さんも不安でありながら最後は満足していただいていました。
お客さんは大抵年配の方が多く、当然男の人もいましたし、年頃の僕には抵抗がありましたが、仕事ということで割り切って行っていました。

いつもおじいちゃん、おばあちゃんがメインだったのですが、この日はめずらしく若い女性に当たったのです。
若いといっても人妻で子持ちの30歳前後の人です。
夜の7時半頃でした。
部屋にマッサージで訪れると、ドアを開けたのがその30歳前後の人妻でした。
名前はわからないのでさやかさんとしておきます。


母を見る度に異性というか性目的の体と意識をしてしまっていた

kage

2018/01/15 (Mon)



は現在、43歳でオレが中学2年の時に父と離婚してそれからずっとは1人身だ。

オレもよく、近親相姦物のサイトを楽しんで読んでいます。

読んでいるうちに、次第にいつも身近にいるに性欲を感じてきてしまってきてて、自分でもこれから先、(まず、ありえないだろ)と思っていたのだが不思議な事にを見る度に異性というか性目的の体と意識をしてしまっていた。

オレ自信22歳になって、過去に女性と3度しか経験が無く最後にセックスをしてから、2年以上も経っていた。

ねぇ、おっきくなってるよ?どうしたの?

kage

2018/01/05 (Fri)



入社して間もないとき、同期の皆でよく飲みに行っていました。
その飲みの頻度はほぼ毎日。

ある日違う寮(男の部屋)で、何人か集めて家呑みをしようという話が出ました。
当然呼ばれてそこへ行くと、6畳の部屋に男女合わせて10人くらいの同期が集まっていました。

その後、ひたすら飲み続け、時間も夜中の3時。
もちろん終電などなく、次の日が会社ということで飲み会は解散。
その寮に住んでない6人をどこに寝かすのかを考えていました。
もちろん私は、その男の部屋に泊まる感じでしたが、6畳に7人くらいを寝かすにはあまりに狭すぎます。
が、しかしどうにかして寝ようかという話になり、寝ることになりました。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。