FC2ブログ
アクセスランキング
2017 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 02

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デパートガールの新婚の妻が社内の男たちと浮気をしていた話

kage

2018/01/31 (Wed)



結婚して半年、私は毎日が楽しくて仕方がなかった。
妻と知り合ったのは、いわゆる合コンという奴だ。
私がいた支店の取引先に、業界でも比較的老舗のデパートがあり、そこの経理部の男に誘われたのだ。

「俺らの業界はだめっすよお。
うちの店の女のこなんて、俺らのことなんて無視っすよ、無視。
将来性ないから。
Tさんがコンパきてくれたらサイコ―にモテるとおもいますよ」

彼は少し卑屈な笑い方をしながら言った。

「N銀行っつったら、最大手っすもんね。
それもTさんはバリバリ出世コースだし」

最近融資をしぶるようになった私の会社に気を使ってか、彼は必要以上にへりくだっている。

大学卒業の時彼女と分かれて以来、ほぼ10年きちんとした彼女を持っていない私は、そろそろ結婚を考えなければいけない年になっていた。
妻帯者でなければ、海外赴任もままならず、なにより女性にもてないダメな男と言われるのはプライドが許さなかった。

今まで精液を飲むのを拒んできた私だけど、彼の精液だけは飲みたいのです

kage

2018/01/31 (Wed)



私(30歳)がパート先の社員と不倫をしていた時の思い出です。

彼(32歳)は派遣先の企業で東京本社から転勤で来ている私と同じ既婚者。

いわゆるW不倫です。

初めて会った時からお互い気が合い、友達として数回、私の旦那とも一緒に会っていたのですが、自然にお互い求めるままこのような関係になって1年が経過した時の事です。

その日はパートを休み、彼も休みを取ってくれて二人で日帰り温泉に行きました。

29歳でできた初めての彼女

kage

2018/01/30 (Tue)



誰も見てないと思うが書き込ませてくれ。
(少し長めになる)
漏れ29(魔法使い一歩直前)、彼女23(経験人数3人(正直に聞いてみた))

先月の出来事。
新卒でうっかり入ったIT系の会社がブラックでさ、残業時間が月200時間オーバーなんて普通。
そんなとこで7年以上働いてきたもんだから体も心も壊し、結局鬱一歩手前まで行った。
薬を飲みながら、俺は何で働いてるんだろう?と思い、思い切って1週間の休みをとった。

酒の勢いと共に従妹と関係を持ってしまった

kage

2018/01/30 (Tue)



これは墓場まで持って行かなきゃいかんと思ってる事。

初めて従妹と関係を持ってしまったのは、俺が26歳で、従妹が24歳の時。

都内で親戚の結婚式があり、酒の勢いと共にやっちゃったんです。

親たちは親たちで呑んでて、俺や従姉妹たちは子供連中だけで呑んでまして、俺、従姉、従妹、従兄の4人で店を変えてまた呑み、最終的に俺の部屋に従姉妹が泊まって、従姉が爆睡してる最中に従妹とやっちゃったって感じ。

なんだかややこしいので名前つけておきます。

乱交パーティーに行ったら妻が居た

kage

2018/01/29 (Mon)



あれはもう11年前のこと、俺が単身赴任をして2年の44歳の頃だった。
月に2回くらいしか家に帰れず、従って女房とは月2回の夫婦生活だった。

当時39歳の女房はまだまだ可愛い女で、離れているのが不安だったが、俺は俺で、赴任先で浮気していた。
浮気相手は36歳の人妻で、佐智子という長い黒髪の綺麗な女だった。

女房はムッチリ系の可愛い丸顔で、佐智子はスレンダーな細面美人と全くタイプが異なった。

佐智子の夫もまた単身赴任で、月に1~2回しか帰って来ず、佐智子の中学生になった佐智子の娘が学校に行っている間だけ俺の職場でパートをしていた。

女房より硬めの抱き心地、女房より着色は薄いが伸びた肉ビラ、女房より控えめな喘ぎ、性欲を満たすには十分だった。

合コンで知り合った24歳と筆下ろし

kage

2018/01/29 (Mon)



学生時代にコンパで知り合った4つ年上のお姉さんに筆おろしされた。
今となってはいい思い出。
俺が大学3年の頃の出来事。

当時の俺は下宿仲間と女っ気はないが毎日楽しく過ごしていた。
入学してから何回かコンパに参加したが、人見知りで女と話した経験もあまりなく、上手くいくはずもなかった。

ある時、下宿の仲間がテレクラか伝言ダイヤルで知り合った女とコンパをする話を持って来た。
どうせつまらんだろうと思いつつもドキドキしながら参加した。
4対4だったんだが、俺たちは皆20歳、向こうは20歳から26歳だった。
女たちの見た目は、20歳はそこそこカワイイ、23歳は可愛くないがエロそう、24歳は冷たい目でエロそう、26歳はキレイな感じだった。

それから私は半年間痴漢達のおもちゃにされていました

kage

2018/01/28 (Sun)



私は29才の主婦です。
結婚して、3年が経ちますが、 子供もまだいないので、独身の頃から、勤めている会社に今も行っています。

半年前に引っ越しをして通勤は、あの有名な満員電車で通うことになりました。
電車にのると、当たり前のように、お尻を触られます。
私は身長が151しかないので、背の高い人に後ろから、触られると、周りからは、私が隠れてしまい、誰も気づいてくれず、痴漢の人達は、自由に触っています。
もちろん、抵抗したいと、思っているのですが、怖くなってしまって、声も出せません。
いつも、駅に着くまで、じっとガマンしてました、でも、それがいけなかったのです。

新婚初夜、僕も妻も初めてのセックスだった

kage

2018/01/28 (Sun)



僕自身童貞で、妻も経験なしで婚約しました。

だから、いわゆるオマンコにチンポをハメハメしたのは新婚旅行の第一夜なわけです。

もちろん僕も健康な男でしたから、女性の張り切った腰回りとか豊かな胸を見る度に男の下半身の欲望を満たしたいと…しかし…度胸がなかったので体の関係は持った事がありませんでした。


だから妻を紹介され、見初めたと同時に、早くこの女性と生まれた姿のまま抱き合い、硬く勃起したチンポをを思いっきりこの女性のまだ見た事もない、男を優しく迎えてくれるところへ思いっきり突き刺し、溜まりに堪った精液を出すべきところへ放出する事を夢想し、毎晩自慰行為に耽りました。

婚約中、肩に手を廻してキスする時、自然に腰に手が触れた時の重量感のある臀部。

思わずチンポが勃ってしまい、抱き合った時に彼女の太ももにそれが触れた時…ビクンと体を震わせた時こちらの思いを悟られたバツの悪さ。

恥ずかしそうにニッコリした愛らしい横顔、その晩もそれを思い出すと堪らなくなって帰宅してから、またまた彼女の陰毛に覆われているであろうあそこを妄想して自慰をしてしまいました。

叔母さんに何度も中出し

kage

2018/01/27 (Sat)



先日、ユキ姉さんのお母さんから

「マー君にお願いが有るんでけど」

「どんな事ですか」

「雪江が妹の美智子(48)の家に手伝いに行く事になっていたが、忌引きで欠勤者が出たので、あの子が出勤するので行けなくなったの」

「僕で良いのなら手伝いに行きますよ」

「午後、妹が家に来るので一緒に行って手伝って頂ける」

「分かりました、行く時に声を掛けて下さい」

叔母の美智子さんとは数回話した程度で、ユキ姉さんのお母さんよりバストが大きいく身長は170㎝位有る綺麗な方だとの印象しかない。

妻とのウォーキングの楽しみ

kage

2018/01/27 (Sat)



俺42歳、妻39歳の夫婦です。
最近妻がウォーキングを始めると言い出しました。

事務職と言う仕事柄、一日中座っている事が多い様で、運動不足解消だそうです。

「ねぇ!パパも一緒に歩こうよ」
「え~俺も歩くの?」
「いいじゃない!一人だと淋しいし薄暗いくなると怖いんだもん」

田舎の農村地帯だった我が家は辺りを田畑と山に囲まれ、近所も100m以上も離れた所にポツリポツリとあるだけです。
歩道も無い道で、外灯も所々に設置されているだけで、夜道を歩くのは危険です。

近くのゴルフ場に抜ける車一台程が通れる道があって、そこなら夜歩いても車が来る事も無く安全だったので、妻はその道を歩く事にした様でした。

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。