FC2ブログ
アクセスランキング
2018 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2018 03

エッチ2回しかしたことないのに、雰囲気の良い店員さんに迫られて・・・。

kage

2018/02/13 (Tue)



私が二十歳の時のことです。(数年前)
就職、一人暮らし、夏に初めて彼ができ、三ヶ月で別れ、といろいろあった年の冬の事です。
目が悪い私は、ひとりでメガネを買いに行きました。
大きなデパートのめがね屋さんで見ていると、後ろからソフトな声で「どんなタイプをお探しですか?」

店員さんです。
スーツを着て清潔な雰囲気の30歳くらいの人。
買うつもりですから、いろいろ相談にのってもらいます。
詳しいし、話がうまい。
まあそれが仕事ですもんね。
私の目はかなり複雑で、コンタクトもあわないし、苦労してました。
視力はそんなに悪くは無いんですが、そうしたら、機械じゃなくて、直接測りましょうと三つ並んだ検眼室の一番奥へ、案内されました。
入って遮光カーテンをシャッと。

思い出すと体が熱くなります。手術前日、パイパンにされ、全裸で男の先生に検査を受けました。

kage

2018/02/13 (Tue)



3歳になる娘を出産したときの事です。定期診察で子宮口が開いている、と診察され、何日か入院し、縫合する必要があると、言われました。

1週間後、手術の前日の午後、入院し、ベッドでテレビを見ていると看護婦さんがやってきて、別室に案内され、「除毛しますのでお願いします」と言います。

お腹を切る手術ではないのにナゼと思いましたが、言われるまま下着を脱ぎました、たぶん周りだけだろうと思いましたが、思春期の頃より慣れ親しんだヘアを全部、きれいに剃ってしまいました。
主人には、話しましたが、とても見せられるものではありません手術の当日、看護婦さんが、二人で移動式のベッドを部屋に運んできました。

オマンコぐしょぐしょ。女教師の妻が教え子たちに凌辱されてしまった。

kage

2018/02/13 (Tue)



私の妻の裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。
不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。
その時、奥の部屋の方から、「ムグゥ~」と言う、くぐもったような女の声が聞こえてきた。

「裕子、どうした。」

女子大生が出会い系で知り合った優しい彼に処女を捧げた話

kage

2018/02/13 (Tue)



私は一回PC MAXという出会い系サイトを利用した事があります。最初は『出会い系なんかで引っかかる男なんてチャラ男かブサイクかどっちかだ』って決め付けてたトコがありました。いっぱいきたメールの中1人だけ真面目な内容のメールをくれた人がいました。(その人が今の彼氏のダイキ君です♪♪)ダイキ君は26歳の会社員で、大学生で18歳のナナとは8歳差です。初めて会った日は普通にドライブして家まで送ってくれました。

エッチまではいかなくても、キスくらいはされるかな~って思ってドキドキしてたケド、『そんなこと考えるのまだ早い!』とか言ってしてくれませんでした(涙)それから毎日毎日ダイキ君は私の学校が終わる時間に迎えにきてくれて門限までには家に送ってくれました。そんなダイキ君にナナがほれちゃって、会ってから2週間後に告りました☆

Copyright (c) エッチなおはなし All Rights Reserved.
blog designed by キュイン. powered by FC2ブログ.